短期高速回転売買の取引



sgsdfデイトレードより短期高速回転売買の取引を行うのが、入金ボーナスがもらえるXEマーケットで有名なスキャルピングトレードと言います。一般的にデイトレードは数分~1・2時間のトレードがメインとなりますが、スキャルピングトレードの場合は数秒~数十分程度でトレードがメインとなっているのです。

つまり、いろいろあるFXの中で、相場に関する経験、知識、観察力だけでなく直感も必要とされるのがスキャルピングトレードなのです。

オーバーナイト・ポジションとならない点で、スキャルピングトレードはデイトレードに含まれますが、デイトレードより高速回転売買の取引を行う点でスペキュレーション取引でもあるのです。

スキャルピングトレードを行うためには、短くても1~2年のFX取引の経験している必要があるのです。というのも、スキャルピングトレードをしているライバルというのは、銀行や証券会社、生損保等で機関投資家として活躍していたレベルの高いディーラーやファンドマネジャー、ヘッジファンドのポロのディーラーなど、プロ級の個人投資家だからなのです。

更に、スキャルピングトレードというのは、経験があれば勝てるというものではないのです。

常時、為替や株価を左右するような世界の政治や経済、市場、金融といったニュースや経済指標をチェックするなどの、テクニカル指標やチャート分析の知識が必要となるのです。

また、優れた相場観だけでなく、相場勘までも身に着けていなければいけません。スキャルピングトレードは数銭~数十銭という少額で利益が確定していきますから、投資金額が大きい方がその分利益に跳ね返るのは明白です。

つまり投資金額を大きくするためにはレバレッジを最大限に活用する必要となるため、スーパーハイリスク・スーパーハイリターンの取引を行う事になるのです。

また、一日の行うトレードでは50%以上の勝率でなければなりません。一日のトレードの勝率が50%として、勝つ時にはできるだけ多くの利益を勝ち取り、負ける時にはできるだけ少ない損失となるようポジションを決済できる判断力を持っていなければならないのです。