ダマシを見抜くための実践集中講座



serrere為替の相場には大きく分けて「アップトレンド(上昇相場)」「ダウントレンド(下降相場)」「フラット(レンジ相場)」の3つに分けることができます。

こうしたFXのトレンドを明確にするためには、チャート上にトレンドラインと呼ばれる線を引く必要があります。トレンドラインも2つの種類があり、それらは「サポートライン」「レジスタンスライン」と呼ばれていて「サポートライン」は上記したアップトレンドの場合の過去の2つの安値を結ぶことによって作られます。

引く際にはローソク足の下に引くようにしてください。右上がりのラインになるはずです。

一方レジスタンスラインはダウントレンドの際に、逆に過去の2つの高値を結ぶことでできる右下がりのラインとなります。ローソク足の上に引くことを忘れないでください。このようにトレンドラインを引くことで、売買の判断基準にすることができます。

たとえばチャートの動きがサポートラインより下がった場合は「売り」で、レジスタンスラインを超えたら「買い」とする、あるいは「買い」のポジションを持っていた場合、サポートラインを超えたところで損切りを行う、といった戦略における使い方です。

関連ウェブサイト: バイナリーオプション取引き.com

スイングHLポイントを見つけよう!

それではさらにラインを引く際のその他のポイントを説明します。ラインを引く方法はわかったとしても、どの高値、安値のポイントを結ぶかということで悩むと思います。そこで決め手になるのが「スイングHLポイント」です。ここで言う「スイング」とはチャートの山や谷のことで、「H」はハイで高値、「L」はロー、つまり安値を意味しています。

「スイングHポイント」とは、安い高値を両側に持っている高値のことで、「スイングLポイント」は逆に高い安値を両側に持つ安値のポイントを指し、「スイングHポイント」はレジスタンスラインを引く際に、「スイングLポイント」はサポートラインを引く時に目安にします。

これらのポイントは両側に位置する安値、高値の数が多いほど強いポイントと言うことができ、また日足や週足など表示する時間を変えることで長期のスイングポイントを見つけることができるようになります。

トレンドラインを引く方法

サポートラインの場合

サポートラインはアップトレンドの際に過去の2つの安値を結ぶラインだということは前述しましたが、その際2つの「スイングLポイント」を選んでローソク足の下に引くようにしてください。

レジスタンスラインの場合

レジスタンスラインはダウントレンドの時に過去の2つの高値を結ぶラインですが、この時2つの「スイングHポイント」を選択し、ローソク足の上に線を引くようにしてください。